2013年05月  |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|

Contents

カテゴリー別一覧

月別一覧

最新のコメント一覧

« 大阪での週末 | メイン | 偉大な玉ねぎ »

2008年04月15日(雑記)

裸の付き合い

長男友達三人と近くの銭湯に行った。高校2年生の子供と大人の境目時、日頃は
なかなか口が重い年頃だが、みんな裸になるとなぜか本音が連発する。
「最近彼女にふられた!!学校が面白くない!!にきびが気になる!!親がうるさい!!」などなど
私にも身に覚えがある発言だ。つい心の中で笑ってしまう!!彼ら正常に育っている。
「おじさん背中流しましょうか?」一人が私に声かけてきた。「おう 頼む!!」
中身はみんないいやつなんだな。と心が熱くなった。その後、仲間同士で背中の流し合いをしていた。
裸同士の付き合いは、なかなかいいもんだな!!
帰りしなにコンビニでかった飲み物を片手に、みんなに一言「青春を悔いなく楽しめよ!!お前らは
一生の良き仲間になるかもな!!」 かっこつけてみた。
心なしか皆の表情がやさしく、たくましく変化していたいたことに未来の明るい光を感じた。
                                               川崎景太

コメント (7)

koba:

銭湯いいですね。
長い間行ってませんが、よく親父と若い頃
行ったことを思い出します。
その時はツッパッテいた年頃でしたが、なぜか
裸になると素直になれた記憶があります。
不思議ですね! 

まりっペ:

毎年消えていく銭湯 悲しいな<vv>
ハダカのコミュニティー 大切ですよね。
実は私の実家は、昔 お風呂屋さんでした。
あの頃の地域の人たちを懐かしく思い出します。
みんな元気かな???

春の風:

一番難しい時期ですね。
私の息子もなかなか心を表に出さない
高1です。どのように接していいのか
たまに解らなくなってしまいます。

男性なら身に覚えがあるのでしょうが、
私は、腫れ物に触るようで
距離をおくことしか出来ません。

でもいつか脱皮するから、今は
静かに見守っています。

景太さんが近くにいらっしゃったら
息子を銭湯に連れて行ってほしいです。(笑)


知恵蔵:

縦の社会と横の社会を考えると
携帯電話の普及に伴い圧倒的に
横の関係が強くなって来ています。

子供たちの世界もそう。
横の連絡で知識は豊富になり
親たちの知らない情報を簡単に
仕入れています。

ただ彼らはまだ、それを知恵として
活用していくには経験が足りません。

あせらずに会話をしていきましょう。
時には彼らの好みに話題を合わせて。
彼らも私たちの知恵を実は必要としています。
今は伝わらない親の言葉も理解できる時は必ず来ます。

枝豆:

誰もが通るプロセスですね。
わたしも中高と親と一緒に
過ごすことには抵抗がありました。

でも我が子もって、あの時の
親の心境がよくわかります。

人間は同じことの繰り返し!!

そうやって大人になった私たちも
成長していけるんですね。

家も今 娘息子と喧々諤々やってます。

マリ・マリ:

今日は、銭湯いいな?!!
私の子供の頃は、スイミングスクールなんて、無い時代に
育ちましたので、午後3時・開店にお友達と行き、良く泳いでいました!!
子供たちが、湯船で遊んでいても、誰からも叱られたりしなかった良い時代でした!!
そして、湯上りに、一本の牛乳は、格別美味しかった事を覚えております!!でも同じ年頃の小学校の女の子が、大人の人の様に、色っぽく体を洗っている事に、驚、反省して女の子らしくなった事も、想い出に残っております!!
良いお話を有難うございました!!
マリ・マリ

パステルダテ:

銭湯には長い間行ってません!!
小さい頃は毎晩父と行っていたことを思い出します。
なぜかワクワク毎晩イベント気分でした。
今は私も家族もちになりましたが、景太さんの文章を
拝見して、ハッとさせられました!!
二人の子供たちと思い出きちんと作らなくては!!
近々 銭湯に行きます。
自分が体験したワクワクをきちっと伝えなくては・・・
景太さん ありがとうございました。

コメントを投稿

マミフラワーデザインスクールへ  
オフィシャルWeb -インデックスへ
Copyright:(C) KEITA KAWASAKI. All Rights Reserved.