2013年05月  |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|

Contents

カテゴリー別一覧

月別一覧

最新のコメント一覧

一覧 -2008年09月

2008年09月01日(雑記)

都会の異空間

%E9%87%A3%E3%82%8A%E5%A0%80.jpg

東京の三軒茶屋にある小さな金魚の釣り堀屋さん。
平屋の中心部に長方形のいけすがあり、その周りを小さな釣り竿をもった
お客が囲む。老若男女、お客は様々だ。
その中に数人の常連らしき男がいた。彼らは釣りをするのではなく
初心者らしき人を見つけては、丁寧に釣り方指導をしているのだ。
けして釣り堀屋に雇われているわけではなく、ボランティアでやっているように思える。
彼らがいけすの周りを巡回することによって、自然と笑い声や明るい空気が漂い
初めて会ったお客同士にも会話が弾む。
都会にはあまりない和やかな人間らしい温かさが広がる空間がなんとも言えない。
私は何匹釣れたか・・よりもこの空気感に癒され心までもリフレッシュ出来たことに
大満足だ。
今後、ストレス解消として私にとって欠かせない人情あふれる場になりそうだ。
皆さんも是非行ってみてください。    川崎景太

東京都世田谷区太子堂4-18-1  釣り堀 三軒茶屋


2008年09月18日(雑記)

秋いざスタート

日も徐々に短くなり、虫の声が始まりました。
夏から秋に移行する季節は嬉しいようなさびしいような
複雑な心境です。四季があるから感じられる瞬間なんですね。
先日 岡山でジャズフェスティバルの仕事がありました。
多くの人に景太さんは何を弾いて歌うの?と尋ねられましたが、
そうではなく、小沼ようすけ(若手の日本を代表するギターリスト)
とのコラボで、私は舞台で作品製作(デモンストレーション)その
光景にあわせ小沼氏がギターで音をインプロビゼーションし、
作品完成後、その作品のイメージにあわせ一曲即興演奏する、という
流れで三点作品製作しました。
音・色・形・香りを楽しむことすべて自然界から私たち人類が学んできた。
という共通の気持ちで「自然への恩返し」というテーマをもって小沼氏とコラボ
できた喜び、その会場に集ってくださった皆さんと自然への感謝という思いを共有できた
ことに幸せを感じることができました。きっといけられた草花も幸せだったと思います。
ライブが終わり外に出た時、虫の声が喜びの合唱に聞こえました。
これでいい秋のスタートきれそうです。  川崎景太

マミフラワーデザインスクールへ  
オフィシャルWeb -インデックスへ
Copyright:(C) KEITA KAWASAKI. All Rights Reserved.