2013年11月  |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|

Contents

カテゴリー別一覧

月別一覧

最新のコメント一覧

一覧 -2009年01月

2009年01月06日(雑記)

2009


皆さん 新年 おめでとうございます。
やっとブログを更新できました。
銀座松屋で始まった「久保田一竹・川崎景太展」お正月から多くの方々にお出掛けいただき
幸せです。5万本のススキを使った作品は生涯忘れられない作品になりそうです。
色々な方から励ましの声をかけていただき、良い2099年の幕開けになりました。
12日まで続く作品展!! 出来るだけ会場におりますので是非お出掛けくださいね。
では今日も元気で行ってきます!! 川崎景太

2009年01月13日(雑記)

作品展を終えて

CIMG2213.JPG
二週間にわたる「久保田一竹辻が花・川崎景太マミフラワー」展も昨日無事終了いたしました。
会期中十万人近くの人々にお越しいただきこの場を借りて厚く感謝いたします。

久保田一竹先生をはじめチーム久保田の皆々様方も会期中暖かいお心遣い
に絶えまぬ笑顔で接していただき、今までに体験したことのない心地よい
コラボレーションをすることができました。一竹辻が花、植物の力はもちろんのこと
この二つの命を愛しサポートし多くの方々に楽しんでいただこうと正月も返上で汗を
流した関係者の人々の心が一つになったからこそ
気持よくエンディングを迎えられたのでしょう。
やはり人は力で動くより心で動くほうが心地よいのですね。
久しぶりに銀座から大森に戻りシーンと静まり返った部屋で今キーボードを
たたいてます。まさに充実した嵐の後の静けさといったところでしょう。
今はただただ
数多くの方々から励まし、感動、ねぎらいのお言葉を頂き
幸せで胸いっぱいです。 感謝 合掌   川崎景太

2009年01月21日(雑記)

岡本太郎マミ会館

%E4%B8%80%E7%AB%B9%E4%BD%9C%E5%93%81%E5%B1%95%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%99%20042.jpg
とある古本市で目にした岡本太郎氏設計のマミ会館である。
実は私が花世界に入った時、この建物で仕事をしていた懐かしい場所なのだ。
残念ながらこの建物老朽化が進み、青い角が調査の結果、大地震が来たら
折れる可能性があると診断され解体せざるを得ない結果になってしまった。
この建物には内外一切直線直角がなく、特に内部に家具や物を配置すると
必ず無駄なスペースが出来てしまう。ある日、太郎先生が遊びに来た時
なぜこの様な建物を考えられたか?質問をしたところ「物を生み出すクリエイティブ
な仕事をしている集団は、使いにくいスペースをいかにうまく生かす事が出来るか!!
僕なりの宿題を出したんだよ」とニンマリなさった事を思い出す。
小生、この建物にも、ある意味で育てられたのかもしれない。
しばし古書市で太郎先生のいたずらっ子笑顔が浮かび先生を懐かしく思い
つい人目を気にしつつデジカメで写真を撮ってしまったのだ。 川崎景太


2009年01月31日(雑記)

東京ドーム テーブルウエアー展

%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%BC%E5%B1%95%20017.jpg
本日1月31日から2月8日まで東京ドームにてテーブルウエアー展が開催されます。
小生はメインブース・作家コナーにて作品を仕込みました。また同コナーにてマミフラワー
は100のコップの花一輪ざし・日常食器を花器にして・・デモンストレーション
などなど盛り沢山!!

この写真 なんだかわかりますか? ふすま枠に張られた障子紙に蚊取り線香で
一個一個穴をあけました。丸一日がかりで・・・おかげで工房はモクモク状態!!
でも納得がいく作品ピースができました。これ何に使うかって言うと
穴あき襖の奥にある花を垣間見る為のものなのです。花を襖越しに間接的にみると
知識以上のイマジネーションが湧くような気がします。
これは作品のごく一部なのですが、この作品のテーマは「桜を招いて」なのです。
日ごろ桜に招かれ花見をしていますが、この作家コーナーでは、桜を花が家に招き
花が花見をするという光景を演出してみました。

小さい頃、障子に指で穴をあけるとこっぴどく怒られていましたが
今回は思う存分楽しみました。それにしてもケムカッター!!。
また 2月2日AM9:30NHK生主演します。同日12:00デモンストレーションします。
是非 お時間ある方は会場にお運びくださいね。   川崎景太

マミフラワーデザインスクールへ  
オフィシャルWeb -インデックスへ
Copyright:(C) KEITA KAWASAKI. All Rights Reserved.