2013年05月  |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|

Contents

カテゴリー別一覧

月別一覧

最新のコメント一覧

« 岡本太郎マミ会館 | メイン | 一度やってみたかったこと »

2009年01月31日(雑記)

東京ドーム テーブルウエアー展

%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%BC%E5%B1%95%20017.jpg
本日1月31日から2月8日まで東京ドームにてテーブルウエアー展が開催されます。
小生はメインブース・作家コナーにて作品を仕込みました。また同コナーにてマミフラワー
は100のコップの花一輪ざし・日常食器を花器にして・・デモンストレーション
などなど盛り沢山!!

この写真 なんだかわかりますか? ふすま枠に張られた障子紙に蚊取り線香で
一個一個穴をあけました。丸一日がかりで・・・おかげで工房はモクモク状態!!
でも納得がいく作品ピースができました。これ何に使うかって言うと
穴あき襖の奥にある花を垣間見る為のものなのです。花を襖越しに間接的にみると
知識以上のイマジネーションが湧くような気がします。
これは作品のごく一部なのですが、この作品のテーマは「桜を招いて」なのです。
日ごろ桜に招かれ花見をしていますが、この作家コーナーでは、桜を花が家に招き
花が花見をするという光景を演出してみました。

小さい頃、障子に指で穴をあけるとこっぴどく怒られていましたが
今回は思う存分楽しみました。それにしてもケムカッター!!。
また 2月2日AM9:30NHK生主演します。同日12:00デモンストレーションします。
是非 お時間ある方は会場にお運びくださいね。   川崎景太

コメント (7)

除虫菊:

テーブルウェアー展 見てきましたよ。虫食い襖 なかなかの大作ですね。垣間見える花にスタッフの皆様のご苦労の跡も見えるようでした。朝の生出演、頑張って下さい。

tosie:

本日デモンストレーション拝見いたしました。
暮らしでお花を私でも生かせそうな気がしてきました。

また「桜を招いて」素晴らしい空間とアイディア
雲の上の景太先生らしい夢のような作品にうっとりでした。

お客様が多かったのでゆっくりとは鑑賞できませんでしたので
もう一度行ってみようと思ってます。

ありがとうございました。敏江

三浦:

すごい人だかりでビックリでした。
でも夢とアイデアいっぱいの素敵な
作品に涙が出ちゃいました。
他の作家先生のコーナーも
くまなく拝見いたしましたが
川崎景太先生はかけ離れて素晴らしいですね。
こんなこと素人の私が言えることではないのかもしれませんが
こんな素人でもその差は歴然とわかりました。
尊敬申し上げます。ありがとうございました。

大野:

一足早いお花見が出来て幸せです。
穴のあいた襖越しに見る花は神々しく
神秘的でした。
なぜ川崎景太先生は次々と
作品アイディアが浮かぶのですか?
尊敬しちゃいます。
コップの作品も圧倒されました。
すごいの一言です。感激!!!!

はppy:

いつもテレビで見ていた川崎景太さんのデモンストレーションをまじかで見れて感動でした。ただお花を生けるだけではなく一点一点に驚きと不思議さがあって口を開けっ放しで拝見していました。その後、景太さんの作品ブースでのデモを目の前で拝見していて心臓がパクパクしちゃいました。最高に幸せな一日を過ごすことができたことに感謝いたします。今後も頑張ってくださいね。陰ながら応援させていただきます。

コンチャン:

「桜のお花見」発想が楽しいですよね。
景太さんらしい愛情いっぱいの作品に
心あたたまる一足早い春を花と共に
堪能いたしました。
コップの花くばりも目移りしてしまうぐらいの
盛りだくさんで圧巻でした。
スクールデザイナーの先生も分かりやすいデモンストレーションを披露して頂き、家に帰ってから早速まねしてみました。
私でもうまい下手はさておき、できるんだなと少し
自信が出てきてしまいましたよ。
マミフラワーの皆さん ありがとうございます。

晴れ女:

テーブルウエアー展拝見いたしました。
斬新な作品に胸が厚くなりました。
川崎さん いつもすごいですね。
他の作家コーナーの作品とは比べ物に
ならない突き抜けた内容に感動です。
テーブルに高価な食器を配置する高ではなく
コンセプトを心で語る作家でなければ
見ていて感動もございません。
石坂さんの作品と川崎さんの作品には
それを感じました。
これからも、大いにご活躍期待申し上げます。

コメントを投稿

マミフラワーデザインスクールへ  
オフィシャルWeb -インデックスへ
Copyright:(C) KEITA KAWASAKI. All Rights Reserved.