2013年05月  |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|

Contents

カテゴリー別一覧

月別一覧

最新のコメント一覧

一覧 -2009年02月

2009年02月03日(雑記)

一度やってみたかったこと

%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%BC%E5%B1%95%20009.jpg
東京ドームでの仕事(テーブルウエアー展)でつい気になったのは
野球選手のベンチ!!一度は入ってみたかった場所なのだ。
思わず踏み入れたベンチは野球選手のいい汗のにおいがした。
学生時代 我らバスケット部が夢にまで見た代々木第二体育館
で東京都の決勝戦を戦った時、現場の空気に飲み込まれ
足が震えた。きっとこの場所はプロを目指す野球球児の憧れの
場所だと思うと夢多き青春時代の血が騒ぐ!!
大げさですか? 東京都で優勝した時のチームメンバーは
今もみんな元気かな!!    川崎景太

2009年02月07日(雑記)

カレーパーティー以上の感動

水中カメラマンの中村征夫さんがご自宅で行われる恒例のカレーパーティーにご招待くださいました。
何日もかけ仕込まれた二種類のカレーは愛情がタップリ詰まった奥深い色と香りで思わず小生の
すきっ腹にグーと響きました。
そこに集う人々は約50人。水中カメラマン、インストラクター、映画監督、編集者、作家、大学教授
などなど職業はさまざま。皆さんいい笑顔と心地よい空気感をお持ちでした。つい会話が弾み小生の
五感は大満足で多くを学ばせていただきました。
カレーはもちろんのこと、その他、数多くの手作り料理にも感動!!
でもそれ以上に征夫さん奥様の雅子さんの謙虚で自然で愛情深いお人柄に心打たれました。
これだけ多くの方々に愛されているお二方は小生にとって尊敬すべく人生のお手本。
征夫さん雅子さん ときめき、ひらめき、きらめき ありがとうございました。 感謝 川崎景太


2009年02月13日(雑記)

情けない我が国

昼食をとる為バイクで外に出た。すると職場の近くの道端に人が倒れていた。
思わずバイクを止め、「どうしましたか?大丈夫ですか?」と声をかけてみた。
その方は顔面蒼白ではあったが、小さくうなずき「気分が悪い」と小声で答えてくれた。
あいにく携帯を持参していなかったので、通りすがりのご婦人に「携帯お持ちですか?
すぐに救急車呼んでいただけますか?」とお頼みしたところ気持ち良く引き受けてくれた。
私は自身が来ていたベンチウォーマーを彼女にかけ、近くの交番へとバイクを走らせた。
おまわりさんに事情を告げすぐ現場に戻ったところ、先ほど電話をかけてくださった方と
もう一人の女性が倒れている彼女を見守っていてくれた。その後、おまわりさんも駆けつけ
私は冷えた彼女の体を温めるべく、近くの自販機で温かいお茶を買い彼女の両手に抱かせた。
その間、何人もの人がその場を行き来するのだが、誰も知らずの存ぜんで通りすがる。
近くの工事現場の人たちも、こちらを見てはいたが、まるで人事だ。
なんて世知辛い世の中になってしまったのかと腹が立った。
その後、救急車が来て無事彼女は運ばれた。
今の彼女の状態が気になります。どうか元気に回復して下さいと心で祈るばかりだ。

それにしても、こんな無神経で冷酷な日本でいいのであろうか?
その場を無視して通りすがった多くの人や人事のように鑑賞していた人は
いざ自分がそうなったとき、自分がとった行動をこころよく感じるのか聞いてみたいものだ。
                                           川崎景太


2009年02月17日(雑記)

ぽろぽろ ぐずぐず

全国から集まり1週間をかけ様々な花に不可欠な内容を学ぶ
マミフラワー専攻科が無事終わりました。
パーティーの席で多くの専攻科生徒と話をすることもでき楽しかったな!!
この専攻科で花を通し初めて出会った全国の人たちが仲良くなっていたこと。
いろんな分野の基礎知識を学んだことで、花の世界が今まで以上に見えてきたという
意見。などなどを聞いたり見たりし、嬉しくもあり私自身勉強にもなりました。
参加して下さった皆さん ありがとう。
専攻科、最後のあいさつで私の眼はぽろぽろ、鼻はぐずぐずでした。
生徒の何人かも同じ状態。
しかし、これ花粉症の始まりだったのだ!!
専攻科生にとっても新たな花ステージの始まりですね。
またどこかでお会いできる日を楽しみにしてます。お元気で・・・  川崎景太

2009年02月27日(雑記)

アマゾンのヤノマミ族

アマゾンの最深部に1万年以上、独自の文化・風習を守り続けている部族がいる。欧米の人々から“最後の石器人”と呼ばれているヤノマミ族だ。このドキュメンタリーを見た。現代社会とはかけ離れた彼らの生活にしばし唖然とした。

私たちが文明社会の中で忘れてしまった生きる基本や自然との付き合い方。ヤノマミがまだまだ知らない文明の素晴らしさ。どちらがいい悪いということではなく、同じ地球上に今お互い住んでいるという事実が不思議なのだ。

私の結論は出ないが、少なくとも変わりゆくことも発展、変わらぬことも発展なのかと考えさせられた。

このドキュメンタリーを通して、便利は不便、不便は便利ということ、人の体は自然であり心の在り方や精神も自然である方が心地よいと言う事を学んだような気がする。

皆さんも「ヤノマミ?奥アマゾン 原初の森に生きる?」NHKハイビジョンの再放送があったら
是非 見てみてくださいね。驚きです!!                      川崎景太

●再放送は、確定し次第、このページにて再度告知させて頂きますが、現在のところ3月中旬には確定する予定。
(予定)NHKスペシャル 放送日
4月12日 日曜日 21:00 ?

マミフラワーデザインスクールへ  
オフィシャルWeb -インデックスへ
Copyright:(C) KEITA KAWASAKI. All Rights Reserved.