2013年05月  |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|

Contents

カテゴリー別一覧

月別一覧

最新のコメント一覧

« なでしこ大田区 | メイン | 体裁より愛情 »

2011年09月13日(雑記)

あこがれのニトベカズラ

2011090608530000.jpg
25年前、はじめて台湾に行った時、いたるところに咲き乱れていたこの写真の植物
「ニトベカズラ」に感動したことを今でも忘れない。

ツル植物で濃いピンク色の花を粒なりに咲かせている。沖縄や鹿児島を除く日本では
みる事のない植物だ。しかしこんなに美しい植物なのに台湾のフラワーデザインには
あまり使われる事がない。

台湾のデザイナーに何故か・・・??尋ねてみると「あまりに身近すぎてインパクトがない」と答えた。
確かに日本国内でも同じ現象を過去に何回も体験した。地元に当たり前のごとく
咲いている花や野草はなかなか目に入らぬようだ。

私は今、東京でこのニトベカズラを育てている。しかし、この様にたわわに花は付けてくれない。環境が違うから・・?
でも気候は東京も熱帯化しているのに!!

台湾の出張を終え残暑厳しい東京での生活に戻っている。

いつの日か・・・私が育てた たわわに実ったニトベカズラを使ったデザインを
過去、お世話になった数多くの台湾の方々に・・・「あなたの国にはこんな素晴らしい
植物があるのですよ」と言うメッセージを感謝と共に贈りたいものだ。
                             川崎景太

コメント (1)

keiko O:

美の壺を主人に録画してもらい、休みの日に二人で見ております。
さまざまなフラワーアレンジの中、もてなしに香りを考えていらっしゃることに感銘を受けました。

桜を存分に味あわれた皆様がブーケを持って帰って、お花の咲いているあいだ、また楽しい時間を繰り返し味あうんですね。

そこまで、相手のことを思いやれる自分でありたいと思いました。
そのうち、やりくりしてアレンジを習えたらと思いました。

コメントを投稿

マミフラワーデザインスクールへ  
オフィシャルWeb -インデックスへ
Copyright:(C) KEITA KAWASAKI. All Rights Reserved.